スポンサードリンク

2009年12月17日

管理栄養士の試験対策「食べ物と健康」

食のプロフェッショナルである管理栄養士になるためには、難関
といわれる国家試験を突破する必要があります。
国家試験を突破するためには、膨大な試験範囲から各科目の出題傾向や
ポイントを掴み、効率のよく学習をする必要があります。

今回は管理栄養士試験の科目の一つ「食べ物と健康」について
ご紹介いたします。

chef_woman.jpg

「食べ物と健康」

管理栄養士の国家資格科目の一つである「食べ物と健康」は、
専門基礎科目の一つで、平成17年3月までの旧カリキュラムでは
「食品学」「食品加工学」「調理学」「食品衛生学」に相当します。

栄養士試験の全9科目の中でも出題数は3番目に多く、25問が
この科目から出題されます。

「食べ物と健康」の学習を通じて、「食べ物」と「健康」との関わり
について正しい知識を身につけて、栄養指導を行う能力をつけることを
目的としています。

この科目では、食品の生育・生産過程から、加工・調理されて人体に
摂取されるまでの過程を学びます。また食品の各主成分を理解し、
人体に与える栄養面や安全面での影響や疾病予防の役割について、
そして食品の変遷や食物連鎖から、人間と食べ物の関わりを学びます。

また近年社会問題となっている食品の安全に対する重要性の認識を
深め、衛生管理の方法を学びます。


管理栄養士の現場では、「健康食品」の安全性や有効性を、科学的
根拠に基づいて対応する能力が求められます。国家試験ではこの
能力に必要とされる専門用語や概念の理解が求められます。

また旧カリキュラムでの「食べ物と健康」では、食べ物は料理の
素材という観点から性質や栄養について学ぶ内容が中心でしたが、
現在の基準では食べ物を「健康の基礎」という観点から捉えられて
います。

国家試験では食べ物の性質や栄養に加え、健康増進効果について
理解していることが求められます。


健康増進法が運用されるようになり、今後ますます「食べ物と健康」
については関心が高くなっていくと思われます。
日頃から、厚生労働省などの動向に注目しておくのがよいでしょう。

posted by おたべ at 10:58| Comment(0) | 管理栄養士受験の傾向と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。