スポンサードリンク

2010年10月13日

管理栄養士の資格取得に有効な施設

管理栄養士国家資格取得を目指すとき、管理栄養士の資格取得を
目的とした養成施設に入るのが早道ですが、どのような養成施設が
あるかご紹介いたします。

管理栄養士は食の問題や健康増進法の施行等で、今後ますます
需要の高まってくるでしょうから、管理栄養士の国家資格は
早いうちに取得しておくと色々と活躍する機会がより多くなる
ように思いますね。

管理栄養士の資格取得と養成施設

栄養士、管理栄養士の資格を得るためにはまず養成施設で修業する
必要があります。現在、日本の大学では家政学部や生活学部、
栄養学部などに管理栄養士養成課程が設けられています。

また栄養学系の短大や専門学校では栄養士養成課程が設けられて
います。

管理栄養士の資格を得るためには国家試験を突破する必要が
ありますが、国家試験の受験資格は所定の段階を踏んで取得する
ことになります。
4年制の管理栄養士養成施設と栄養士養成施設では、これまで卒業と
同時に国家試験の受験資格が取得できました。
これに対し2、3年制の専門学校では受験資格を取得するために、
卒業後に就職し、修業年数に応じた年数の実務経験を積む必要が
ありました。

近年の制度改正により、4年制の栄養士養成課程の卒業者も1年の
実務経験が必要になっています。このように養成施設によって
国家試験の受験資格がことなるため、養成施設を選択する段階で
慎重に検討することが大切です。

実際の合格者は4年制の管理栄養士養成施設の新卒者が大部分を
占め、同課程の既卒者や養成課程の既卒者は低い合格率になって
います。

養成施設の種類に関わらず、本人の努力次第で合格することは
可能ですが、管理栄養士への最も近道は4年制の管理栄養士養成施設
で修業することだといえます。
また、少しでも早く現場での仕事がしたいという人には2年制、
3年制の栄養士養成施設が適しているといえます。

養成施設を選択する際には学力や学校の難易度だけではなく、
管理栄養士試験の合格実績や就職率などをよく調べることが大切
です。実際管理栄養士と言う国家資格を持っていることが重要で
どこの大学や養成施設を出たかはそれほど問題ではありません。
posted by おたべ at 04:35| Comment(0) | 栄養士学校とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。