スポンサードリンク

2009年09月11日

管理栄養士受験の予備校

管理栄養士になるために受験対策として専門の予備校
通うのが早道と言えます。
ただ、栄養士の職業でも管理栄養士と栄養士では活躍できる
職場(業務範囲)が異なりますので、自分が栄養士で何を
したいのかはっきり決めてから取り組むのが重要なことだと
思います。


生活習慣病の増大が社会問題となる中、2008年4月からは
健診制度が改正され、メタボリックシンドロームへの
対策が強化されています。

新しい健診制度で保健指導の役割を担うのが管理栄養士です。
管理栄養士は栄養士の国家資格で、「食」に関わる職業の中で、
唯一国家資格として認められているものです。


管理栄養士の資格は高度な専門知識を必要としますが、その
知識を習得するためには栄養士養成課程や管理栄養士養成
課程のある大学や専門学校で学ぶ必要があります。

専門学校は専門知識や専門技術を身につけることを目的
としているため、施設や設備が整えられた充実した環境
で学ぶことができます。
また多くの専門学校では少人数制で、疑問点や悩みなどを
解消しやすい環境にあります。


専門学校は大学と学費や授業科目について大きな差は
ありませんが、国家試験に向けた対策には力を入れており、
合格者100%を目指した教育が行われます。

卒業後の進路も専門学校ではさまざまな角度からサポート
します。ただし大学、専門学校に関わらず、就職先は
各校によって違いがあるため、学校を選ぶ際に十分調べて
おく必要があります。

2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校は国家試験の
受験資格を得るために実務経験が必要となり、合格まで
には相当の努力が必要になりますが、少しでも早く栄養士
として現場で仕事をしたい人には専門学校が適しています。


就職後の給料の面では未だ大卒者と専門卒者との間に
差がありますが、それ以上に国家試験や就職の面で
充実したサポートのある専門学校は、管理栄養士への
近道ともいえます。


これから社会のニーズが一層高まる管理栄養士の職業。
女性が活躍できる仕事として注目されています。


test.jpg
posted by おたべ at 05:41| Comment(0) | 栄養士受験用予備校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。