スポンサードリンク

2011年02月05日

管理栄養士の国家資格取得と受験の心構え

管理栄養士は栄養士の国家資格ですが、メタボ健診など社会的に
需要が高まっている職業です。

管理栄養士が国家資格である事は、病院などではっきり分かります。
病院で栄養士が患者さんに栄養指導することがありますが、
栄養している栄養士は普通の栄養士ではありません。
まず100%国家資格である管理栄養士と言ってよいでしょう。

理由は管理栄養士が患者に栄養指導すると、その行為が診療報酬に
なる
からです。診療報酬は病院の経営上、重要な事ですから
管理栄養士の存在は一般の栄養士とは位置づけが異なります。

栄養士は調理などの現場業務、管理栄養士は栄養指導などの
管理業務と栄養士という同じ職業ながら、実際担当する仕事内容は
全然違うものになっています。


病院や養護施設など、今後ますます活躍する場が増える管理栄養士
管理栄養士の国家試験を受験する前の心構えなどお伝えします。


管理栄養士の資格取得と心構え

生活習慣病の増大や高齢化社会が到来している今日、管理栄養士は
給食管理や栄養管理だけではなく、医療現場においても重要な役割を
担っています。

管理栄養士の国家試験は合格率が20%から30%という狭き門です。
難易度が高く、一年に一度しか実施されない国家試験を万全な
体制で臨むためには、事前の心構えが大切です。

管理栄養士の国家試験は9科目から200問が出題されます。
合格には各科目で60%以上の正解が必要となります。

試験範囲が広く出題数も多いため、実務経験を積みながら
受験をする人は、試験日が近づいたら可能な限り職場で
休暇を取り、学習に専念することが望まれます。

そして試験日はできるだけ早く試験会場に到着し、
気持ちを落ち着けるようにします。
試験が始まったら落ち着いて設問を読み、思い違いや
早とちりがないように気をつけることも大切です。

試験では限られた時間で多くの問題を解くために、時間配分に
注意しながら解くことが大切です。分からない問題に時間を
かけすぎず、次の問題へ進むようにしましょう。
試験は機械が解答を読み取るマークシート方式です。

機械が正しく判別できるように、解答欄へ丁寧に、素早く
塗りつぶすようにします。また解答欄がずれないように
注意することも大切です。
学習成果を十分発揮するためには体調管理も大切です。
試験日が近づいたら十分な睡眠をとって体調を整えましょう。


試験で一番の敵は自分の中にある焦る気持ちです。
国家試験の本番では新しいことにはあまり手を出さないで
復習中心で気持ちを落ち着けた方が良いと思います。
posted by おたべ at 21:18| Comment(11) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

管理栄養士の資格取得と再挑戦

管理栄養士の国家試験合格率はいくらぐらいかご存知でしょうか。

今注目されている「食」のエキスパートとなるための必須条件と
言える管理栄養士、国家試験の合格率はわずか20%〜30%でしか
ありません。受験する人はほとんど専門的な知識を学んだ人が
多いことを考えると、難関の試験と言えるのではないでしょうか。

でも準備さえしっかりやっていけば、合格も夢ではなくて
現実のものとなることは間違いないと思います。




栄養士の国家資格である管理栄養士の国家試験は、
受験者10人のうち、7人から8人が不合格となっている
難関試験です。


国家試験の合格者を調査すると、管理栄養士課程の新卒者は
全体の8割程度ですが、管理栄養士課程の既卒者、栄養士課程の
既卒者はそれぞれ1割に満たないという結果になっています。


国家試験は各科目で60%以上の正解率が必要とされますが、
残念ながら不合格となった場合でも、自己採点の結果をみると
あと一歩ということがよくあります。

そのような人は特に悔しい気持ちになることでしょうが、
あと一歩というところまで学習をつんできた努力を自分で評価し、
なるべく早く立ち直ることが大切です。そしてそれまでの学習を
無駄にせず、再挑戦することが望まれます。


また、不合格者に中でも合格ラインに全く及ばなかったと
いう人は、自分に適性があるかを見つめなおし、再挑戦する
場合にはまず勉強方法を見直す必要があります。

中でも実務経験を積みながら勉強を進めている人にとって、
仕事と学習の両立は厳しいものです。通信教育やweb講座を
利用するなど、効率よくポイントを抑える方法でさらに学習を
積むことが望まれます。


実際に2度、3度と挑戦し、合格を勝ち取った管理栄養士は多く
います。また30歳代、40歳代から管理栄養士を目指す人もいます。
管理栄養士の夢を叶えるためには、最初から再挑戦を視野に
入れて、難関といわれる国家試験合格を目指すとよいでしょう。


classroom.jpg
posted by おたべ at 05:55| Comment(0) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

管理栄養士の資格取得と情報収集

管理栄養士になるための国家試験は、栄養士の資格に加え、高度な知識と
応用力、技術が求められます。近年の合格率は20%前後で、他の国家資格と
比べて、試験突破は狭き門になっています。


いろいろな情報によって国家試験がどのようなものかという概要を
掴んでおくと、自分の学習方法が見えてきます。情報収集の方法には
いろいろありますが、管理栄養士の先輩や卒業した学校の先生や先輩に
体験談を聞くことも方法の一つです。また資格の本や雑誌でも情報を
得ることができます。

そして管理栄養士の仕事のやりがい、また大変さや厳しさなどの現実を
知る手助けにもなります。



管理栄養士を目指すには、まず十分に情報収集を行うことが大切です。
情報収集は管理栄養士に限らず、あらゆる試験準備における最初の段階
であり、また重要な段階と言えます。後で後悔しないために、しっかり
情報を集めて学習に取り組むことが望まれます。

具体的には受験資格の取得方法、試験の内容、形式、難易度や合格率、
学習に必要な時間、他の資格との互換性などの情報を集めます。
また資格取得後の職場選択や給料などについても知っておくことが望まれます。


インターネットの資格サイトや栄養士サイトなども情報収集には
有効な方法です。中でも実際に仕事をしている管理栄養士のブログや
栄養士の掲示板では、効果的な学習方法や分かりやすい教材、参考書など、
細かい情報を得られることもあります。


一年に一度しかない国家試験を万全の体制で臨むためには、できるだけ
効率よく、多くの情報を集めることが大切なことです。


cooking_process_5.jpg
posted by おたべ at 00:00| Comment(0) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

管理栄養士の資格取得方法

栄養士は「栄養士」と「管理栄養士」の2段階に分けられます。


近年メタボリックシンドロームや生活習慣が問題となり、食の重要性が
見直されつつあります。その中で栄養士はますます重要性が高まっている
職業です。栄養士の中でも管理栄養士は活躍する場も増えてくる職業と
言えますので3年計画くらいのつもりで根気よく準備していけば、資格
取得も現実のものとなる可能性は高くなってくると思います。


kitchen02.jpg

栄養士は主に栄養学に基づいてメニューや調理方法を決定したり、健康を
維持するための提案を行います。資格は高校卒業後、厚生労働省が指定した
栄養士養成施設で2年以上学び必要な知識や技能を修得した後、都道府県知事に
免許を申請することによって無試験で取得することができます。


管理栄養士は栄養士よりさらに高度な知識を持ち、病気や障害を持つ人々へ
必要な栄養指導を行ったり、病院や学校などの大規模給食施設で大勢の人の
給食を管理したりします。


管理栄養士の資格は栄養士免許を取得した後、卒業課程によっては実務経験を
積み、管理栄養士の国家試験を受けて合格することによって取得することが
できます。


管理栄養士は食に関わる多くの職業の中で、唯一国家資格として認められて
いるものです。非常に高い専門知識を要する試験ですが、受験者は年々増加し
1991年には50%程度あった合格率は近年20%から30%程度という難関に
なっています。

実際の合格者は4年生の管理栄養士養成課程の新卒受験者がほとんどで、
同課程の既卒者や栄養士課程の既卒者は低い合格率になっています。


卒業後にブランクがあったり、実務経験を積みながらの試験勉強は厳しい
というのが実態です。勉強の方法は参考書や問題集での独学の他、最近では
通信教育やweb 講座も多く利用されています。
管理栄養士の予備校に通うのも一つの方法です。
posted by おたべ at 04:32| Comment(0) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

管理栄養士の資格取得と制度改正

管理栄養士の国家資格は取得が困難なものに変わってきていますが
それだけに管理栄養士として活躍できる場が増えてくるわけですから
管理栄養士の資格取得者には、求人募集のチャンスもあると言えます。



管理栄養士は栄養士の国家資格で、「命」と密接に関わる「食」の専門家
として社会的に需要が高まっています。そして管理栄養士の活躍の場が
広がっている一方、今日では食事指導や栄養指導などを通して人々の
疾病予防や健康維持を手助けする重大な責任を担うようになっています。


このような流れを受けて、管理栄養士にはより高い専門知識と能力が
求められています。


平成14年4月の管理栄養士制度の改正にともない、
管理栄養士の国家試験の内容は大きく変更されました。


受験資格では栄養士としての実務経験が重視されるようになり、
4年制の栄養士養成施設卒業者にも一年の実務経験が必要になっています。
また2年制、3年制の栄養士養成施設卒業者の実務経験年数は一年ずつ
引き伸ばされています。

そして管理栄養士養成施設の卒業者に対しても、これまでの免除科目から
一部の免除科目が廃止されています。

試験では試験科目の見直しが行われ、9科目の他に応用力試験が導入されて
います。応用力試験では複数科目にまたがった状況設定問題によって、
管理栄養士としての観察力、判断力、予測力を評価します。


また9科目の中でも「傷病者への栄養指導」の内容が含まれる臨床栄養学が
重視され、出題数が大幅に増加しています。臨床栄養学は苦手科目とする
受験生が多く、得点差をつけやすい科目となっています。



試験全体では短時間で的確な解答が求められ、150問から200問へ出題数が
大幅に増加しています。


管理栄養士を目指す人とっては、制度改正によってより難関試験となった
といえるでしょう。このような現状を踏まえ、国家試験を突破するために、
相当の覚悟を持って学習を積むことが大切です。


chef_woman.jpg



posted by おたべ at 22:42| Comment(0) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。