スポンサードリンク

2009年02月06日

管理栄養士の資格取得と再挑戦

管理栄養士の国家試験合格率はいくらぐらいかご存知でしょうか。

今注目されている「食」のエキスパートとなるための必須条件と
言える管理栄養士、国家試験の合格率はわずか20%〜30%でしか
ありません。受験する人はほとんど専門的な知識を学んだ人が
多いことを考えると、難関の試験と言えるのではないでしょうか。

でも準備さえしっかりやっていけば、合格も夢ではなくて
現実のものとなることは間違いないと思います。




栄養士の国家資格である管理栄養士の国家試験は、
受験者10人のうち、7人から8人が不合格となっている
難関試験です。


国家試験の合格者を調査すると、管理栄養士課程の新卒者は
全体の8割程度ですが、管理栄養士課程の既卒者、栄養士課程の
既卒者はそれぞれ1割に満たないという結果になっています。


国家試験は各科目で60%以上の正解率が必要とされますが、
残念ながら不合格となった場合でも、自己採点の結果をみると
あと一歩ということがよくあります。

そのような人は特に悔しい気持ちになることでしょうが、
あと一歩というところまで学習をつんできた努力を自分で評価し、
なるべく早く立ち直ることが大切です。そしてそれまでの学習を
無駄にせず、再挑戦することが望まれます。


また、不合格者に中でも合格ラインに全く及ばなかったと
いう人は、自分に適性があるかを見つめなおし、再挑戦する
場合にはまず勉強方法を見直す必要があります。

中でも実務経験を積みながら勉強を進めている人にとって、
仕事と学習の両立は厳しいものです。通信教育やweb講座を
利用するなど、効率よくポイントを抑える方法でさらに学習を
積むことが望まれます。


実際に2度、3度と挑戦し、合格を勝ち取った管理栄養士は多く
います。また30歳代、40歳代から管理栄養士を目指す人もいます。
管理栄養士の夢を叶えるためには、最初から再挑戦を視野に
入れて、難関といわれる国家試験合格を目指すとよいでしょう。


classroom.jpg
posted by おたべ at 05:55| Comment(0) | 管理栄養士の資格取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。